今回はコメナベと胚芽精米、お二人のコンビ。
コメナベとは先日購入したムスイの炊飯専用鍋です。

コメ専用ナベ。略してコメナベ。

コメだけが操縦するナベという名のモビルスーツではないです。
色も赤くはないです。
コメが少佐から大佐に変わったのは「コメショウサ」と言いづらかったからではないです。
てか、「シャアショウサ」は言いづらいけど「コメショウサ」は普通に言えます。

......我ながらつまらん。

さてさて、まずは第七回目。
胚芽精米の袋に書いてある説明によると、水の量は重さで1.4くらいとのこと。随分多いな...そんなに白米と違うのか??
と、思いつつ固めが好きなので今回は1.3にしてみました。
あと、洗米はさらっと1回〜2回程度ゆすぐ程度だけでいいそうです。

ゆすぐ...すすぐ?...(゜Д゜;)


国語辞書----------っ!!


呼び声を聞いた国語辞書が空より現れ、私を収納し、さらに一回り大きな広辞苑に収納され、さらにさらに漢和辞典、英和辞典、和英辞典、ことわざ辞典が手となり足となり...

六辞書合体!!!

なんとこれだけの辞書が全てこのコンパクトなボディの中に入ってのこのお値段♪

......ちょっとおもしろくなってきたw


結局、ゆすぐでもすすぐでもあまり意味は変わらないらしいです。

胚芽精米は栄養分を残しているのが良いところなので、あまり洗うともったいないらしい。
それでもあまりに水が濁ったままなのでさらに2回ほどゆすぎ追加。

1.計量 ●重さで1:1.3 米 240g 水 312g
2.洗米 ●胚芽精米方式。
3.浸水 ●洗米後、1時間乾燥。浸水時間1時間。
4.炊飯 ●始めは強火。沸騰後、弱火で8分。蒸らし8分。
5.結果 ●やわらかめ〜75点

やっぱり水が多かった!
でも食べているうちに徐々に乾燥してきて、最後の方ではべっちゃり感はありませんでした。
この胚芽精米、胚芽の部分がプチプチしていて食感が楽しい♪
思ったよりニオイも気にならないし、栄養価も高いのでこれからちょいちょい食べようと思います。


翌日の第八回目は水を1.1にして洗米以外は白米と同様に炊きました。

1.計量 ●重さで1:1.1 米 220g 水 242g
2.洗米 ●胚芽精米方式。
3.浸水 ●洗米後、1時間乾燥。浸水時間1時間。
4.炊飯 ●始めは強火。沸騰後、弱火で8分。蒸らし8分。
5.結果 ●極固めの95点♪

ま、合格でしょうw
やはり食べているうちに固さが気になってくるのは変わらない。
もしかしたら、胚芽精米は水は多めで蒸らしを長くするといいのかも。
それはまた後日試すことにします。

で!!!
いよいよ明日、本番決定ヽ(´▽`)/
リハーサルもここまでやれば悔いは無し!

死して屍拾う者無し!(言ってみたくなったw)

Comment:
2010/10/23 4:30 PM, こぶ wrote:
いよいよ明日本番ですか!
どうか成功しますように(`・ω・´)
2010/10/23 7:07 PM, おーさかじん wrote:
失敗は出来ませんから…
頑張って下さい/(・。・)
2010/10/24 3:16 PM, 西高坂 wrote:
>こぶさん

ありがとうございます!
おかずは、こぶさんご提案のサンマ♪
炭で焼くかどうかはまだ迷ってますw

>おーさかじんさん

ボウリングの試合より緊張しそう...
失投は許されません!
ナベ投げないようにガンバリマスwww
Add a comment:









Trackback:
http://blog.42nd-street.org/trackback/1164240
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.