自力で作った米は自力で炊飯!炊飯器に頼ってたまるか!!
でも失敗したらこの半年が水の泡。

そこで本番前のリハーサルを入念×入念×入念に行うことを決意!

私が作った「山形産ひとめぼれ」の新米を購入すべくスーパーへ。
ない!同じヤツがないっ!
入念が一つ減り、仕方なく新米の千葉県産コシヒカリを購入。

あらためて感じるが市販の米は遥かに白い。
それもそのはず、私の精米は7分づき程度。
うちの米はレゴのフィグ。コシヒカリさんはまるで博多人形のようだ...

さらに入念が一つ減る。
これほど入念を謳うならばせめて7分づきの米を買ってくるべきだった。
でもまだ入念は一つ残っている。
よし!普通に入念なリハーサルを決意!!

鍋での炊飯には毎年キャンプでやっているので、自分なりのコツは知っているつもり。
でも、これも入念!「おいしい 米 鍋 炊飯」でググって情報を収集。
そして第一回目のリハーサル決行♪


1.計量

最近は無洗米ばかり食べていたので普通米用のカップが見当たらない。
ま、カップよりさらに正確に計れるしと、実験気分でメジャーカップとキッチンスケールで計量。

ちなみに米はだいたい
一合=180cc=150g

正確重視でこれからはすべて重さで計ることにします。
今回は米300g(二合分)で炊飯。

次に肝心の水の量ですが、私の常識では 米:水=1:1。
しかし調べてみると、1:1.1〜1:1.4まで様々な情報が。
さらにこれが、量で言ってるのか重さで言ってるのかわからない。
悩んだあげく、今回は信頼できそうなサイトにあった情報を採用。

●重さで1:1.4 米 300g 水 420g 


2.洗米

昔は米を手のひらでゴリゴリと研ぐのが常識でした。
でも最近の米は精米がしっかりしているので、そこまでしなくても大丈夫らしいです。
最初の2、3回は水をすぐに捨て、あとはやさしくかき回してにごりを取る程度に。

しかし本番は7分づきの米。入念の貯金がもう...(゜Д゜;)
調べたら、白米よりもさらに2、3回洗いを増やせばいいとのこと。
危ない危ない。ただのリハーサルに成り下がるとこだった。


3.浸水

今回の鍋は以前使っていた永谷園の「かまどさん」を使用。
ここからはかまどさんの言う通りにすることにします。

●30分浸水。


4.炊飯

●中強火で12分。蒸らし20分。


5.結果

●かなり柔らかめの70点。

敗因は2つ。
「かまどさん」の説明書には米二合に対して水400ccとあることに後で気付く。水は1cc=1gなので20cc多かった。
さらに、新米なのでさらに水が少なくてもよかった気がします。

今回のおかずは「グリーンカレー鍋」だったので、柔らかめのご飯がこれまた合わないw

それにしても今年は色々な種類の鍋の素が発売されていてビックリ。
一通り試してみたいけど、カルボナーラ鍋だけは遠慮しときますwww

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.42nd-street.org/trackback/1164235
 
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.